20171106

11月25日(土)利根運河で黄葉・紅葉観察会

行 事 第137回自然観察会「利根運河で黄葉・紅葉観察会」
日 時 11月25日(土)雨天中止(小雨でも中止です)
集 合 東武野田線の運河駅改札口前に9時集合、申込不要・当日受付
解 散 駅近くのふれあい橋で13時頃
コース:運河駅→左岸遊歩道→流山市立森の図書館(トイレ休憩)→柏大橋→
    右岸遊歩道→理窓公園(トイレ休憩、昼食)→ふれあい橋
案 内:運河土手の黄葉・紅葉もなかなか素敵ですよ。エノキが最初に黄葉し、コナラ、
    クヌギ、イヌシデ等の樹木も色づく頃でしょう。草紅葉も見られるかも。
    運河土手をゆっくり歩き、晩秋のひと時を楽しみませんか。
参加費:会員100円、一般200円(高校生以下無料)
持ち物:筆記用具、昼食、雨具、飲み物、あれば双眼鏡
連絡先:柳沢朝江 080-6615-0612
次の観察会予告
12月17日(日)利根運河・理窓公園に冬の野鳥を訪ねて
 運河駅前に9時集合、 解散12時30分頃、雨天中止(小雨でも中止)

20171002

11月4日~5日 ジャパンバード・フェスティバルに出展

11月4日(土)~5日(日)開催の
ジャパンバード・フェスティバルin我孫子2017に出展します

会 場:我孫子市手賀沼河畔 雨天決行
時 間:11月5日は、9:30~16:00
       6日は、9:30~15:00 
展 示:2017年の秋のタカ渡り調査結果
    利根運河ジオラマ
    会の紹介などなど
担 当:紺野、柳沢

※イベントの詳細は
 ジャパンバード・フェスティバルのホームページ⇩を御覧ください
     http://www.birdfesta.net/

※展示物の配置・ブース内の飾り付け等、お手伝いいただける方は
 担当まで連絡ください

20170911

10月1日(日)こうのとりの里で秋のタカの渡り観察会

行 事 第136回自然観察会「こうのとりの里〝江川・三ケ尾〟でタカの渡り観察会」
開催日 2017年10月1日(日) 小雨でも中止
集 合:9時  野田自然共生ファーム・こうのとりの里管理棟前

 
解 散:13時頃
交 通:東武野田線梅郷駅から梅郷住宅行きの茨急バスに乗車し終点の梅郷住宅下車、徒
    歩でこうのとりの里入口の看板を入る。
    梅郷駅から梅郷住宅行きバス時刻(日曜日)
    7時35分・7時52分・8時08分・8時24分・8時41分・8時57分
    梅郷住宅から梅郷駅行きバス時刻(日曜日)
    11時30分・11時45分・12時00分・12時30分・12時45分
    13時15分・13時30分・13時59分(平成22年1月16日現在)
      ※バス時刻は事前に確認を。
       茨城急行自動車野田営業所 電話04-7122-1595
       車の方は、こうのとりの里管理棟横の駐車場へ。

案 内:こうのとりの里上空は千葉県内陸部のタカの渡りルートになっています。昨年の
    タカ渡り観察会は雨天中止。雨が上がった曇り空の中、ハチクマの幼鳥1羽が渡
    ってくれた。お天気が気になるところです。皆さんにタカ渡り運がありますよう
    に。
   (注意)タカの渡りはその年の渡り状況や天候に影響されます。必ず渡りが見られ
    るとは限りません。
持ち物:帽子、汗ふきタオル、双眼鏡、望遠鏡、折りたたみ椅子、筆記用具、昼食、飲み
    物、日焼け止め、図鑑、雨具。
参加費:会員100円、一般200円
問い合わせ:猛禽類調査班  紺野竹夫  携帯 090-2420-8420

🔶予告
 次の行事は11月4日(土)・5日(日)手賀沼畔で開催のジャパンバードフェスティ
 バルに展示します。

20170901

9月9日(土)運河土手・理窓公園に秋の野草を訪ねて

行 事:第135回自然観察会「運河土手・理窓公園に秋の野草を訪ねて」
日 時:9月9日(土)9時 東武野田線の運河駅改札口 雨天中止です
解 散:13時頃 ふれあい橋
コース:運河駅→ふれあい橋→運河遊歩道(右岸)→理窓公園(トイレ休憩・昼食)
    →ふれあい橋
案内:まだまだ夏の暑さが残っている頃ですが、野草の世界は一足先に秋の盛りを迎えて
   いることと思います。ワレモコウ、ツリガネニンジン、ノハラアザミ、ヤマハッカ
   等の秋の花、ハギ、ススキ、クズ等秋の七草との出会いを楽しみませんか。
持ち物:昼食、飲み物、帽子、汗ふきタオル、敷物、筆記用具、雨具
参加費:会員100円 一般200円
問い合わせ:柳沢 080-6615-061

野草観察会翌日の行事お知らせ

🔶日本植物学会公開講演会

  植物の生き方・人との共生

日時:2017年9月10日(日) 13:0017:30
場所:東京理科大学野田キャンパス 講義棟1  K103教室 
                  申し込み不要 参加無料
             東武野田線運河駅下車 大学正門まで徒歩7分

プログラム

13:0013:15 高校生研究発表 表彰式
13:1514:45 
 日本植物学会会長の御挨拶
   三村 徹郎 (神戸大学理学研究科教授・日本植物学会会長)
はじめに           
  朽津 和幸 (東京理科大学理工学部教授・第81回日本植物学会大会会長)

◆秘められた花の力を映像で解き明かす
  東山 哲也 (名古屋大学理学研究科教授)
◆花の進化の裏側にある昆虫とのふしぎな関係
 奥山 雄大 (国立科学博物館研究員)
◆鳥・哺乳類・昆虫を利用した種子散布のしくみとしたたかな戦略
 多田多恵子 (生態学者/東京理科大学他非常勤講師)
◆関東地方の植生とその変遷
  舘野 正樹 (東京大学日光植物園准教授)

14:45 休憩・実験・展示見学
   「植物って何だろう?」
      国立科学博物館植物研究部・筑波実験植物園、茨城県自然博物館
   「植物細胞壁のミクロな世界」
      科学研究費新学術領域研究「植物細胞壁の情報処理システム」
   「光る花」農研機構  ほか

15:1516:30
◆人と植物の新しい共存:各地で進む自然環再生の取り組み
  西廣 淳 (東邦大学理学部准教授)
◆野田市の生物多様性戦略
  今村 繁  (千葉県野田市副市長)
◆第81回日本植物学会大会シンボル植物タチスミレの保全と野焼き
  小幡和男 (茨城県自然博物館)
◆理窓会記念自然公園の歴史と市民団体による植生調査・野草観察会活動
 新保 國弘(東葛自然と文化研究所長)
◆街の価値を生み出す「森の街」戦略
  井崎 義治 (千葉県流山市長)

理窓会記念自然公園自然観察ツアーガイダンス
16:3017:30
◆東京理科大学理窓会記念自然公園 自然観察ツアー (歩きやすい靴で御参加下さい)
   当日講演された講師陣が6班に分かれて案内します。


20170704

第36回運河塾 海と運河を行き来する生きもの

日 時 8月26日(土)13時30分~16時30分(開場13時)
会 場 野田市南部梅郷公民館・講堂
                 野田市山崎1154-1  電話04-7122-5402
      東武野田線梅郷駅西口下車 徒歩10分
参加費  300円(高校生以下は無料)
申 込  申し込み不要、当日受付
次 第
Ⅰ部 野田市編
1 幕府治水家・井沢弥惣兵衛が関宿を渡った道     30分 質疑10分
      新保 國弘  東葛自然と文化研究所 所長

2 コウノトリ放鳥及び街路樹管理マニュアルについて 30分 質疑10分
       渡邊清美氏  野田市みどりと水のまちづくり課 主幹  他1名
                 休憩 10分
Ⅱ部 利根運河編
3 海と運河を行き来する生きもの          30分 質疑10分
      田中 利勝  利根運河の生態系を守る会 代表

4 利根運河における堤防管理について        20分 質疑10分
      大谷 周氏  国土交通省江戸川河川事務所調査課 専門員

問い合わせ 柳沢 080-6615-0612  
後 援   国土交通省江戸川河川事務所  野田市




次の行事は9月に野草観察会を計画しています

行 事:第135回自然観察会「運河土手・理窓公園に秋の野草を訪ねて」
日 時:9月9日(土)9時 東武野田線の運河駅改札口 雨天中止です
解 散:13時頃 ふれあい橋
コース:運河駅→ふれあい橋→運河遊歩道(右岸)→理窓公園(トイレ休憩・昼食)
    →ふれあい橋
案内:まだまだ夏の暑さが残っている頃ですが、野草の世界は一足先に秋の盛りを迎えて
   いることと思います。ワレモコウ、ツリガネニンジン、ノハラアザミ、ヤマハッカ
   等の秋の花、ハギ、ススキ、クズ等秋の七草との出会いを楽しみませんか。
持ち物:昼食、飲み物、帽子、汗ふきタオル、敷物、筆記用具、雨具

参加費:会員100円 一般200円
問い合わせ:柳沢 080-6615-061

20170521

6月17日(土)ヨシゴイの里・田んぼの生きもの観察会

行 事:第134回自然観察会「新川耕地ヨシゴイの里・田んぼの生きもの観察会」
    と総会
開催日:2017年6月17日(土)
集 合:9時、東武野田線運河駅改札前集合 小雨でも中止します。
解 散:におどり公園、12時30分頃
案内:この時期はヨシゴイの繁殖期です。今年は飛ぶ姿が見られるのかな?
   メダカやクサガメ、トウキョウダルマガエル、アカガエル、などの
   田んぼの生きもの達も観察します。
コース:運河水辺公園→運河遊歩道(左岸)→新川耕地ヨシゴイの里→におどり公園
持ち物:双眼鏡、あったら魚用の網、長靴、帽子、汗ふきタオル、飲み物、昼食
    敷物、雨具、筆記用具など
参加費:会員100円 一般200円(高校生以下無料)

問い合わせ先:紺野竹夫 携帯 090-2420-8420

※観察会終了後、におどり公園で総会を行います
 (雨天時は集合した駅前で総会を実施)

次の行事は
第36回運河塾「海と運河を行き来する生きもの」の予定です
開催日:8月26日(土)13時30分~
会 場:野田市南部梅郷公民館(予定)
詳細は6月18日にアップします。



20170327

4月15日(土)春の野草観察会 ほかのお知らせ

月15日(土)第132自然観察会「運河土手に春の野草を訪ねて」
集 合:東武野田線運河駅改札口 9 雨天中止  当日受付
解 散:ふれあい橋 13時頃
コース:運河駅→運河遊歩道(左岸)→森の図書館(トイレ休憩)→柏大橋→
    運河遊歩道(右岸)→理窓公園(トイレ休憩)→東屋(昼食)→
    運河遊歩道(右岸)→ふれあい橋。天候によりコース変更あり
案 内:新緑に輝く理窓公園の森を展望し、スミレ、カントウタンポポ、アザミ類等春の
    花を観察します。
    ヤマザクラやウワズミザクラも見られると思います。
持ち物:筆記用具、あればルーペ、汗拭きタオル飲み物、昼食、雨具
参加費:会員100円、一般200円(高校生以下無料)

問い合わせ先:柳沢朝江 080-6615-0612


月28日(金)こちらは会員限定です(会費は年間千円、当日入会可)
        第133回自然観察会「利根運河に春の万葉植物を訪ねて」
集 合:運河駅改札口 9時  雨天中止 申し込み不要
解 散:ふれあい橋 12時
コース:運河駅→運河土手(右岸)→理窓公園→ふれあい橋
案 内:昔の人は身近な植物を利用するだけでなく、深く観察していたように思います。
    万葉集に出てくる春の植物を運河土手、理窓公園に訪ね、昔の人の感性、自然
    との接し方などを万葉歌とともに味わってみませんか。
    キンラン、ギンランも花盛りと思います。
持ち物:筆記用具、雨具、飲み物
参加費:100円(保険代)
問い合わせ先:柳沢朝江
      

20170301

3月26日(日)早春の生きもの観察会

開催 3月26日(日)第131回自然観察会
        早春の生きもの観察会とヨシゴイを待つ準備(ごみ拾い)
集合:9時 東武野田線運河駅改札口   小雨中止
解散:におどり公園 12時30分頃
案内:利根運河左岸を歩きながら、運河沿いの野鳥や早春の野草などを観察し、新川耕地  ヨシゴイの里に向かいます。田んぼの生きもの達も観察します。
   観察会の後ヨシゴイを待つ準備という事で、簡単なごみ拾いを行います。 作業しやすい服装でご参加下さい。ゴミ収集用袋(燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、資源ゴミの3種)は流山市から提供を受けます。
コース:運河駅→運河水辺公園→運河遊歩道(左岸)→新川耕地ヨシゴイの里
    →におどり 公園
持ち物:双眼鏡、ルーペ、筆記用具、帽子、汗ふきタオル、飲み物、昼食、敷物、雨具
     軍手など
参加費:会員 100円、一般 200円(高校生以下無料 
問い合わせ:紺野竹夫  携帯 090-2420-8420




次回以降の観察会予定

4月15日(土)「運河土手に春の野草を訪ねて」

4月28日(金)「利根運河に春の万葉植物を訪ねて」⇦ 会員限定の行事です


20170116

第35回運河塾「千葉県北西部オオタカ四半世紀の記録」

行 事  第35回運河塾 千葉県北西部オオタカ四半世紀の記録
日 時  2月18日(土)13時30分~16時30分 (開場13時)
会 場  流山市生涯学習センター 4階 401大会議室
              電話04-7150-7474
交 通  つくばエクスプレス 流山セントラルパーク駅下車 徒歩3分
参加費  300円 (高校生以下無料)  申込不要・当日受付

次 第
1 内務大臣山縣有朋 利根運河計画線路を視察 30分 質疑10分
    新保國弘    東葛自然と文化研究所 所長

2 東京理科大学理窓会記念自然公園の湿地再生プロジェクト 30分 質疑10分
    髙川智弘さん  東京理科大学 理窓公園学生団体

休憩 10分

3 千葉県北西部オオタカ四半世紀の記録 30分  質疑10分
    紺野竹夫    流山のオオタカを守る会 代表

4 意見交換 流山のオオタカの展望  40分
    進行 新保

主 催 利根運河の生態系を守る会
      問い合わせ 電話 080-6615-0612(柳沢)

後 援 国土交通省江戸川河川事務所 流山市